昼間だけ頻尿になる昼間頻尿とは?

頻尿の定義は1日の排尿回数が8回以上であるとされています。しかし頻尿と一口にいっても、症状の現れ方にはいくつかのパターンがあります。

昼夜を問わず頻繁に尿意をもよおすタイプ、夜間だけ頻尿の症状が現れるタイプ、昼間だけ頻尿の症状が出るタイプなどがあります。

昼間頻尿は、就寝時には頻尿の症状は現れないため、朝まで目覚めることがありません。そのため、夜間にも症状が現れる人と比較するとQOL(Quality Of Life=生活の質)が維持されます。

しかし、逆にそのことが症状を放置してしまい泌尿器科の受診を遠ざけているという側面もあるようです。昼間頻尿の裏には深刻な疾患が隠れている可能性もあるため、積極的な医療機関の受診が求められます。

スポンサードリンク


昼間頻尿の症状について

昼間頻尿の主な症状として、頻繁な尿意以外にも様々なものがあります。残尿感や我慢するのが困難なほどの強い尿意が突然現れたり、ときには尿意を我慢できず失禁をしてしまったりするケースもあります。

昼間頻尿で特徴的なのが、これらの症状は日中の起きている間にだけ起こり、寝ている間は無症状であるという点にあります。

昼間頻尿の原因として精神的なものが関係しているケースも多いようです。強いストレスを感じると尿意をもよおす「心因性頻尿」というものがあります。

昼間は仕事や人間関係などのストレスにさらされる機会が多いのですが、夜に自宅に帰るとリラックス出来ることから、夜間には頻尿の症状が出ないという場合があるのです。

また、日中によくお茶や水などの水分を摂取するという人も昼間頻尿の症状が出る場合がありますが、これは単純な水分の取り過ぎが原因であることが多いようです。

水分を多くとることは健康に良いといわれていますが、多く摂取すればする程よいというわけではありませんので、適量を摂取することが大切です。

昼間頻尿の治療について

昼間頻尿の治療にあたっては症状を引き起こしている原因を特定する必要があります。昼間頻尿の裏には様々な疾患が隠れているケースがあるため軽く考えるのは禁物です。

まずは泌尿器科を受診するとよいでしょう。一般的に問診や尿検査に加えて、必要に応じ腹部エコーを行います。昼間頻尿を引き起こす疾患や治療法については以下の通りです。

【過活動膀胱】
排尿筋が過剰に反応することで頻繁な尿意や切迫した尿意を感じます。ときには失禁をしてしまうケースもあります。治療には主に抗コリン薬という薬剤が用いられます。この薬剤は、膀胱を収縮させる副交感神経の働きを抑制し、膀胱の平滑筋を緩めることで膀胱内に尿を蓄えやすくするものです。

【前立腺肥大】
前立腺が肥大することにより膀胱が圧迫されて頻尿や排尿障害の症状が現れます。症状に応じて手術による切除や薬剤による治療を行います。

【子宮筋腫】
子宮にできた腫瘍が膀胱を圧迫することで頻尿の症状が現れます。頻尿の他に月経痛や経血量の増加などの症状があります。治療法は手術による子宮の摘出や薬剤を投与して痛みなどを軽減する方法があります。

【骨盤底筋肉の緩み】
尿道口を締める働きのある骨盤底筋が緩むことで頻尿や尿失禁などの症状が出ます。骨盤底筋を鍛えるトレーニングをすることで症状が改善するケースもあります。

【膀胱炎】
頻尿や排尿時の痛み、発熱、下腹部痛などの症状があります。治療には主に抗生物質や抗菌剤が用いられます。薬剤の摂取と併せて水分を多く摂取することが推奨されています。

【多尿】
腎臓の機能や中枢神経に異常によって大量の尿が作られることで頻尿の症状が現れます。経口剤や点鼻薬などの薬剤による治療で症状を改善させることができます。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報