心因性頻尿とは?

心因性頻尿は、自律神経の乱れやストレスなどといった心的なトラブルが要因となり引き起こされる頻尿のことをいいます。

身体的な病気ではないため、泌尿器科等で検査をしても膀胱などに異常はみつかりません。心因性頻尿は大人では女性に、子供では男児に多いと言われています。

大勢の人の前で話すときや、テストの直前などに緊張してトイレに行きたくなったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

この現象は、緊張によって膀胱が収縮してしまうことで起こる一過性のものです。心因性頻尿はこういった緊張状態やストレスが続くことで、日常的に頻尿の症状が出るようになってしまうのです。

神経性頻尿の症状の出方にはいくつかのパターンがあります。昼夜や状況を問わず頻繁に尿意を感じるパターンや、強いストレスを感じると急に尿意をもよおすパターン、近くにトイレが無い等すぐにトイレに行けない状況になると尿意を感じるパターンなど様々です。

心因性頻尿は主にストレスが原因です。仕事や人間関係、家庭内の問題など、ストレスの要因には様々なものがありますし、特に仕事がストレスである場合は簡単に辞めることは難しく、とてもデリケートな疾患であると言えるでしょう。

スポンサードリンク


心因性頻尿の特徴的な症状

心因性頻尿は頻繁に尿意を感じ、1日のうちに何度もトイレに行きたくなります。重要な会議や商談の前、目上の人と会う時など、強い緊張状態に置かれると、特に症状が強く出るケースが多いようです。

頻繁に尿意をもよおすことから、初めて行く場所でトイレがどこにあるか確認できないと落ち着かずイライラしてしまったり、途中でトイレに行きたくなるのが怖くて電車やバスなどに乗れなくなったりする人もいるようで、日常生活に影響を及ぼすことも少なくありません。

最初の内はストレスを感じると尿意をもよおしていたのが、だんだん頻尿が起こること自体にストレスを感じるようになり、トイレのことを考えたり、水の流れる音を聞いたり、トイレに関することが頭に浮かぶと尿意をおぼえる人もいるようです。

また、突然の尿意にもなかなかトイレが見つからなかったなどという経験を経て、ますます症状がひどくなっていくケースもあるようです。

なお、心因性頻尿の顕著な特徴として、就寝時やリラックスしているときなどには頻尿の症状が現れないというものがあります。

心因性頻尿の治療法について

心因性頻尿は放置しておくと、人間関係や日常生活に大きな影響をもたらす可能性があるため積極的に医療機関を受診すべきです。頻尿は通常、泌尿器科を受診しますが、心因性頻尿の場合は心療内科を受診するほうが良いでしょう。

まずは、カウンセリングで頻尿を引き起こしているストレスの元を特定し、それを出来る限り遠ざける生活を送るよう心がけます。

同時に、自律神経を整える薬や頻尿の治療薬を服用します。うつ病などの疾患がある場合は抗うつ薬の処方を受けることもあります。

心因性頻尿の症状改善には出来るだけリラックスした状態で日常生活を送ることが大切です。また、環境を変えることで症状が落ち着くとうケースもあり、転職をしたら症状がなくなったという人もいるようです。

頻尿の症状に悩んでいても、恥ずかしいという思いから医療機関を受診しない人も多いようですが、医師とのカウンセリングで精神的に落ち着いたり、薬を服用することで安心感が生まれたりして症状が改善するというケースも多いようです。

心因性頻尿のために仕事にも人間関係にも積極的になれないなどということになる前に病院に足を運びましょう。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報