腹圧性尿失禁には手術療法が有効!

腹圧性尿失禁とは、お腹に力が入った瞬間に尿が漏れてしまう症状を指しています。例えば、重い物を持ち上げる時に尿漏れを起こしてしまうような症状です。くしゃみや咳をしたり大笑いしたりするような場面でも、お腹に思わず力が入って漏れてしまうことがあります。

意外なところでは、階段を昇り降りしている時に症状が出ることもあれば、走り出すなどの急な動作をした時に出ることもあります。40歳以上の女性の3分の1とも2分の1とも言われる尿失禁(尿漏れ)経験者のうちの7割程度がこの症状に該当する、と推定されています。

スポンサードリンク


女性の腹圧性尿失禁の主な原因は、骨盤底筋群の衰え

腹圧性尿失禁の主要な原因は何でしょうか?それは、骨盤の底で臓器を支えると同時に尿道・膣・肛門を締めている「骨盤底筋群」と呼ばれる筋肉・靭帯群の衰えです。その状態は、ちょうどパッキンが伸びた水道の蛇口と同じ状態です。

特に女性は、尿道口や膣口が開く構造になっていて、男性に比べて骨盤底筋群の引き締める力が弱くなりがちです。そのため、加齢に伴って骨盤底筋群も急速に衰えがちで、腹圧性尿失禁を招くことになっています。

その他、尿道が短いことや、子宮と膣が膀胱に寄り掛かる位置にあることなども、女性が腹圧性尿失禁になりやすい原因になっています。

そして、そういった生まれながらの条件に加えて、妊娠・出産という骨盤底筋群に最も大きなダメージを与える経験、さらには、閉経という女性の身体にとっての大変化の経験に拍車を掛けられて、ますます腹圧性尿失禁になりやすくなっています。

腹圧性尿失禁への対策・予防の第一選択肢は、骨盤底筋運動

蛇口のパッキンならば、伸びてしまえば新品に取り替えれば良いわけですが、伸びた骨盤底筋群を取り替えることは出来ません。しかし、筋肉は、鍛えて筋力を付け、再び強くすることが出来ます。

ですから、腹圧性尿失禁への対策・予防には、骨盤底筋運動が効果的です。膣と肛門をキュッと締めたり緩めたりすることによって骨盤底筋群を鍛える運動です。

なお、この運動は、対策・予防法として有効であるばかりでなく、病院の泌尿器科・婦人科で通常まず最初に施される治療法でもあります。

かつての手術方法

しかし、骨盤底筋運動だけでは尿失禁が改善されない場合には、手術という選択肢が浮上してきます。腹圧性尿失禁の手術としては、かつては“恥骨後式膀胱頸部挙上術”と呼ばれる開腹手術、または、“経膣的針式膀胱頚部挙上術”と呼ばれる、恥骨に打ち込んだビスに糸を引っ掛けて膀胱と尿道を吊り上げる手術が行なわれ、特に日本では1980年代中頃から後者が広く支持されていました。

しかし、1990年代以降、数年または10年以上の長期で見た時の成績が低いことが分かり、次第に行なわれなくなりました。

膀胱頸部(尿道)スリング手術の幕開け

経膣的針式膀胱頚部挙上術に代わって腹圧性尿失禁の手術の主流になったのは、“膀胱頸部(尿道)スリング手術”または“中部尿道スリング手術”と呼ばれる手術です。

これは、緩んだ骨盤底筋群の代わりに、主に人工線維(ポリプロピレン)で出来たテープ(テープ状に切り出した自分の筋膜を使う場合もある。)で尿道と膀胱を支える手術で、それまでの手術と比べると、“吊り上げる”のではなく“支える”という考え方で行なわれる点に特徴があります。

これに該当する手術として最初に広く知られるようになったのは、TVT手術と呼ばれる手術です。下腹部2ヶ所と膣1ヶ所を切開して、上記のテープを、尿道の中間部を後ろから支えるように通して、置いておくだけの手術です。

この手術によって腹圧性尿失禁を防げるのは、腹圧を受けて動いた尿道がテープに当たり、その反動で尿道の内圧が上がり、尿道を閉じる力となるからです。

この手術方法は、1993年にスウェーデンの産婦人科医ウルムステンによって考え出されました。彼は、腹圧性尿失禁の原因を、骨盤底筋群の中でも特に、恥骨と尿道をつないでいる“恥骨尿道靭帯”の緩みにある、と考えて、テープにその靱帯の代役をさせる、という発想で、この手術方法にたどりつきました。

この手術は、当時、非常に画期的で、長期的に見ても成功率は90%前後、10年以上経っても再発は少なく、世界的に高い評価を得るようになりました。

しかし、テープが膀胱のすぐそばを通過し、テープを通す過程で視界から消える箇所があるため、経験の浅い医師が施術する場合など、誤って膀胱を傷付けてしまう危険性が数%あることが欠点として挙げられました。

また、ごくまれに骨盤内の血管や腸管を損傷して重大な合併症(手術中に膀胱や血管や腸に針を刺してしまう“膀胱穿孔”“大血管損傷”“腸管損傷”など)を起こしたケースも報告されました。

TVT手術を改良したTOT手術の登場

2001年、フランス中央部、ブルゴーニュ地方の小さな町、シャロン=シュル=ソーヌの私立病院で働く医師、エマニュエル・デロルメが、TVT手術を改良したTOT手術を発表し、注目されました。日本では2004年から開始されています。

この手術は、左右の足の付け根を1ヶ所ずつと膣1ヶ所を1cmほど切開して、骨盤の骨のすき間(閉鎖孔)から、合併症を起こす重要な臓器や大きな血管が無い坐骨の裏にテープを通すので、“膀胱穿孔”“大血管損傷”“腸管損傷”などを引き起こす可能性が無く、安全性の高い手術です。

上記の合併症の危険性が無く、また、手術時間もTVT手術が大体30分~1時間であるのに対してTOT手術は大体15分~45分とやや短く、そういった点でTOT手術の方が優れていますが、一方、尿失禁解消の成功率の面では若干劣る、とも報告されています。

とは言え、どちらも90%前後の成功率です。また、術後排尿困難が一時的に生じる可能性がやや高い、との報告もあります。

TVT手術もTOT手術も、日本では2泊3日かそれより数日長い程度の入院期間があります。海外では日帰りで行なっている所もあります。

また、後発のTOT手術にも健康保険が適用されるようになったので、日本でも費用はほぼ同じで十数万円程度です。現在、世界でも日本でも、尿失禁を専門とする医師は、ほとんどの場合にTOT手術を主要な手術として選んでいます。

このように、今では、腹圧性尿失禁には手術が極めて有効な療法になっています。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報