リエイジブランドは八味地黄丸を選ぶ

2012年10月18日木曜日、クラシエ薬品が「中高年世代のさまざまな症状を緩和する漢方製剤」として「リエイジEX錠」(第2類医薬品)を新発売しました。

この商品は、クラシエ薬品が「いつまでも健康的でいたい方々をサポートするブランド」として打ち出した“リエイジ”ブランドの第一弾商品です。

リエイジブランドは、現代の高齢化社会という現実に対する一つの提案として打ち出されており、「加齢による複数症状の改善という価値を提供」する、という使命を帯びています。

クラシエ薬品は、この“高齢化”の問題を深刻に捉え、「ドラッグストアのメイン顧客が、高齢化に伴い、今後50歳以上が半数を占めるようになる」と予想し、独自の調査で、50歳以上の人が経験する加齢による老化現象の初期段階の症状が一つではなく複数あり、それらを治したいとの意向も高いことを把握していました。

こうしたことに調和して、リエイジEX錠は「疲れやすい人や手足が冷えやすい人の加齢による目のかすみ、下肢痛、腰痛、排尿トラブルといった複数の症状を幅広くフォローできる医薬品」というコンセプトで開発されました。キャッチコピーは「ひとつじゃない症状に」です。

このような役割には、西洋薬ではなく漢方薬の方が適しています。なぜなら、西洋医学では、症状自体を無くすことを目指した治療が行なわれる(例えば、頻尿には尿を出にくくする薬を、尿量減少には尿を出やすくする薬を、という風に。)のに対して、漢方医学では、症状の原因に働きかける治療が行なわれるからです。

複数の症状が一つの原因から生じていること、言い換えると、一つの原因が身体のあちこちに不具合を起こして複数の症状として現れることは、よくあることです。

ですから、原因に働きかける漢方薬ならば、同じ薬で複数の症状に(例えば、頻尿と尿量減少に)対応することができます。

そして、リエイジEX錠として用いる漢方薬としてリエイジブランドが白羽の矢を立てたのは、「高齢者の聖薬」「老化予防の名薬」との異名を持つ“八味地黄丸”でした。

スポンサードリンク


加齢による複数の症状の共通の原因は腎虚

では、リエイジブランドは、何を、頻尿を初め、加齢による複数の症状の共通の原因と判断したのでしょうか?それは、漢方医学で「腎虚」と呼ばれる身体の状態です。

加齢に伴って腎虚になっていくので、それら複数の症状が起きる、と見なしたのです。では、腎虚とはどういう状態を指しているのでしょうか?

漢方医学では、成長・発育・生殖などに関わる泌尿器・生殖器・腎臓などの機能を「腎」と呼びます。また、衰えた状態を「虚」と呼びます。ですから、腎虚とは、腎の機能が衰えた状態のことです。

腎は、身体の様々な機能に密接に関わっているので、腎虚になると身体のあちこちに様々な衰えの症状が現れるようになります。

具体的には、腎虚になると、泌尿器・腎臓などの機能が衰えるため、頻尿や夜間頻尿、尿漏れなどの排尿トラブルが生じます。また、それらの機能が衰える結果、体内での水分の停滞が起こります。そうなると、むくみや腰痛や下肢痛が起きます。

さらに、腎虚は肝機能の衰えにもつながり、目の機能の衰え、心臓の機能の衰えを引き起こします。心機能が衰えると、血行が悪くなり、その結果、かゆみ、しびれ、腰痛、下肢痛を生じます。その上、腎虚であること自体が身体の疲れを招きます。

このように、腎虚になると、身体のあちこちに衰えの症状が現れるようになります。身体のこのような状態は、正に、加齢に伴って身体の各部の機能が衰えていく時の状態です。

ですから、リエイジEX錠は腎虚に働きかける薬であるべきで、それにふさわしい漢方薬は“八味地黄丸”だったのです。

八味地黄丸は腎の機能を回復させる

では、八味地黄丸とは、どのような漢方薬で、どのように腎虚に働きかけるのでしょうか?

八味地黄丸は、地黄(じおう)、山茱萸(さんしゅゆ)、山薬(さんやく)、牡丹皮(ぼたんぴ)、沢瀉(たくしゃ)、茯苓(ぶくりょう)、附子(ぶし)、桂皮(けいひ)という8種類の生薬(天然の植物・動物・鉱物の全部または一部を切ったり潰したり熱したりなど簡単に加工し乾燥させて薬として用いる物)を配合した漢方薬です。

これらのうち、地黄、山茱萸、山薬が栄養・滋養強壮作用、牡丹皮が血行促進作用、沢瀉、茯苓が水分代謝促進作用を持ち、附子、桂皮が全身の機能を高め身体を温める働きをします。

そうして、腎に含まれる様々な機能を回復させるのです。特に高齢者にとっては「老化予防」とも呼べる効果です。

リエイジEX錠は頻尿を含む高齢者の「ひとつじゃない症状に」

このような八味地黄丸から作られたリエイジEX錠は、多くの場合に、次のような流れで効果を発揮します。

まず、身体を温め、不足した腎の働きを補う栄養物質を補給します。この段階で、手足の冷えやしびれの改善、疲労回復などが期待できます。次に、水分代謝を促進します。口渇、むくみ、そして、頻尿などの排尿トラブルの改善が期待できるのは、この段階です。

さらに、血行を改善し、補給した栄養物質が活用されて、新陳代謝が促進されます。この段階で、腰痛、下肢痛、かゆみ、目のかすみ、高血圧、肩こり、頭重、耳鳴りなどの改善が期待できます。そうして、腎虚が改善され、腎虚によるその他様々な症状も改善されていきます。

このように、リエイジEX錠は、頻尿を含む高齢者の「ひとつじゃない症状に」、正にキャッチコピー通りに、効果のある薬として開発、製造されています。高齢者にとって、願ったり叶ったりの薬だ、と言えるかも知れません。

ご自身に合う漢方薬が見付かりますように!

それにしても、八味地黄丸は、他の製薬メーカーからも市販薬が製造・販売されています。それらのメーカーの中には、ツムラ、阪本漢法製薬、大鵬薬品工業(商品名ハルンケア)、三和生薬(商品名サンワロン)などがあり、クラシエ製薬自身もリエイジEX錠以外に「八味地黄丸」の商品名でも発売しています。

ですから、自分に一番合う八味地黄丸を見付けられると良いですし、八味地黄丸にさらに2種類の生薬を加えた「牛車腎気丸」という漢方薬もあるので、漢方薬なら高齢者の頻尿とその他複合的な症状に対応できる、ということを踏まえて、希望を持って市販薬をお試しになることをお勧めします。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報