治らない頻尿や残尿感に潜む恐ろしい病気

頻尿や残尿感の原因は、非常に多種多様です。とは言え、大体は、膀胱や尿道が過敏になり、正常な働きをしなくなる結果、それらの症状が起きることになります。

例えば、前立腺肥大症などのせいで、膀胱や尿道が圧迫されて過敏になることがあります。あるいは、膀胱や尿道に炎症が起き、それに刺激されて過敏になることもあります。

また、あるいは、ストレスなど精神的な理由で頻尿や残尿感の症状が起きる場合もあります。

そのように様々な原因がある中で、特に、恐ろしい病気が潜んでいることを示しているかも知れないのが、神経因性膀胱です。

神経因性膀胱とは、脳や神経に問題が生じて、脳から膀胱や尿道への指令が正常に伝達できなくなった状態のことです。

もう少し具体的に説明すると、膀胱に尿が溜まったかどうかは末梢神経と脊髄を経て脳に伝えられ、脳はそれに応じて蓄尿か排尿かの信号を同じ経路で送り返し、利尿筋群と呼ばれる筋肉・靭帯群に伝え、利尿筋群がその通りに動くことによって適切に蓄尿と排尿が行なわれます。

このような働きをする脳・脊髄・末梢神経のどこかに異常が生じた結果、この蓄尿・排尿システムが正常に作動しなくなった状態が、神経因性膀胱です。

つまり、神経因性膀胱は、そのシステムのどこかに異常が生じていることを示しているわけです。

その異常が軽ければ、そう心配する事も無いかも知れませんが、もしも深刻なものであれば、脳・脊髄・末梢神経に深刻なダメージがある、ということですから、命の危機に直結します。

スポンサードリンク


神経因性膀胱の裏に潜む恐ろしい病気

では、神経因性膀胱が示しているかも知れない深刻な病気には、どのような病気があるのでしょうか?主なものとして、次のような病気が挙げられます。

・脳血管疾患:脳出血、脳梗塞

・神経変性疾患:パーキンソン病、アルツハイマー病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症

・脱髄疾患:多発性硬化症、ギランバレー症候群

・その他:外傷性脊髄損傷(最も多い)、糖尿病性神経障害、脳腫瘍

脳血管疾患には脳出血と脳梗塞がある

脳血管疾患とは、脳の血管に異常が起きることが原因で起こる病気の総称です。脳血管障害とも呼ばれます。脳血管疾患のうち、突然発症したものは、脳卒中、または、脳血管発作と呼ばれます。この病気にかかると、脳が正常に働かなくなるので、頻尿や残尿感などの尿トラブルを伴う場合があります。

厚生労働省発表の「平成26年 患者調査の概況」によると、脳血管疾患の総患者数(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は117万9000人で、男女別内訳は、男性59万2,000人、女性58万7,000人です。

また、厚生労働省発表の「平成26年(2014)人口動態統計(確定数)の概況」の「第7表 死因簡単分類別にみた性別死亡数・死亡率(人口10万対)」によると、平成26年(2014年)の死因別死亡数で、脳血管疾患は、悪性新生物(368103人=男218397人+女149706人)、心疾患(196925人=男92278人+女104647人)、肺炎(119650人=男64780人+女54870人)に次ぐ第4位(114207人=男54995人+女59212人)でした。

脳血管疾患は、脳内の血管が破れる脳出血(別名:出血性脳血管疾患、脳溢血)と、脳内の血管が詰まる脳梗塞(別名:虚血性脳血管疾患、脳軟化)の二つに大きく分類されます。

広義での脳出血には、脳内出血(狭義での脳出血)やくも膜下出血が含まれます。脳出血が起きると、血管の破れた箇所から血液が溢れ出た分だけ頭蓋骨内部の圧力(頭蓋内圧、脳圧)が上がって脳を圧迫したり、溢れ出た血液自体が脳を圧迫したりして、脳が正常に働かなくなり、最悪の場合死に至ります。

一方、脳梗塞が起きると、血管の詰まった箇所から先には血液が流れなくなるので、その先の脳細胞が、酸素不足、栄養不足のために壊死してしまい、その部分が担っていた脳機能が失われ、やはり最悪の場合には死に至ります。

尚、脳血管疾患の後遺症として頻尿が起こる場合もあります。しかし、効果的な薬があり、通常、治療によって改善します。

神経変性疾患の進行を止めることは出来ない

神経変性疾患とは、脳・脊髄の中の特定の神経細胞(ニューロン)群が徐々に破壊、消失してゆく病気です。

この病気についても解明されていないことが多いのですが、膀胱や尿道に蓄尿か排尿かの信号を伝える器官である脳・脊髄にダメージを与える病気であり、この病気にかかると、頻尿や残尿感などの尿トラブルを伴う場合があります。

神経変性疾患に含まれる主な病気としては、

・筋肉の震え、強張りのために滑らかに動けなくなるパーキンソン病
・脳が萎縮し、認知障害が進行していくアルツハイマー病
・運動失調を主な症状とする神経疾患の総称である脊髄小脳変性症
・脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動神経細胞(運動ニューロン)が侵されるために、筋肉が徐々に痩せて力が無くなっていく筋萎縮性側索硬化症

などが挙げられます。どの病気も、現在(2016年)の所、根本的な治療法は見付かっておらず、一度かかると進行を止めることは出来ず、症状が好転することも無く、出来ることはただ、症状を緩和させること、進行を遅らせることだけです。

脱髄疾患はニューロンレベルでの崩壊

脱髄疾患とは、神経細胞(ニューロン)が電気信号を送り出す伝導速度を高速にしている髄鞘(ミエリン鞘)と呼ばれる部分が壊れる病気です。
髄鞘は、神経細胞が電気信号を発信する器官である軸索(神経線維)の表面を覆って、軸索から電流が漏れることを防ぐ、電線の絶縁体のような働きをしています。

髄鞘が壊れれば、神経が電気信号を伝える伝導速度が遅くなり、神経の伝達機能に不具合を生じ、頻尿や残尿感などの尿トラブルを伴うこともあります。

多発性硬化症は脳・脊髄に病変が起こる脱髄疾患、ギランバレー症候群は末梢神経に病変が起こる脱髄疾患です。

これらの他、神経因性膀胱の裏に潜んでいるかも知れない深刻な病気としては、糖尿病性神経障害、脳腫瘍などが挙げられます。

しかし、神経因性膀胱の原因として最も多いのは、実は、外傷性脊髄損傷、つまり、脊髄の怪我です。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報