30代、40代の女性、産後の女性は頻尿だけでなく尿漏れも・・・

30代、40代の女性で頻尿や尿漏れ(尿失禁)に悩んでおられる方はとても多いです。頻尿については比較的よく聞くことがあるかも知れませんが、尿漏れ(尿失禁)についても、40歳以上の女性の3人に1人に、程度の差こそあれ、症状が見られる、という報告もあります。

では、そのような若い世代の女性に起きる頻尿や尿漏れ(尿失禁)の原因や治療・対策としては、どのようなことが考えられるでしょうか?確認してみましょう。

スポンサードリンク


お腹に力が入ると尿漏れしてしまう、腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁は、女性に見られる尿漏れ(尿失禁)の主な症状の一つで、お腹に力が入った時に尿漏れ(尿失禁)してしまう、という病気です。

腹圧性尿失禁が起きるのは、端的に言えば、尿を溜めておく膀胱や尿が通る管である尿道の締まりが悪くなっているからです。

より厳密に説明すると、膀胱や尿道を含む下腹部の臓器は“骨盤底筋群”と呼ばれる筋肉・靭帯群に支えられており、そのうちの一筋肉である尿道括約筋が尿道を開け閉めしていますが、それらが傷んだり弱ったりしているために尿道の締まりが悪くなって、尿漏れ(尿失禁)を起こしてしまうのです。

“骨盤底筋群”が傷んだり弱ったりする最大の原因は、 妊娠と出産です。その他、加齢・老化、運動不足、肥満、長時間に及ぶ座った姿勢、閉経なども、“骨盤底筋群”が傷んだり弱ったりする原因に数えられています。

腹圧性尿失禁の原因はこのようにはっきりしているので、治療の中心は骨盤底筋群を鍛えることであり、多くの場合、“骨盤底筋体操”が推奨されます。

骨盤底筋群を鍛える程度では済まない非常に重い症状の場合には、薬物療法や手術が行なわれることもあります。

薬が効かない骨盤臓器脱

骨盤底筋群が弱ることから起きる頻尿や尿漏れ(尿失禁)の原因としては、骨盤臓器脱も挙げられます。骨盤臓器脱は、性器脱とも呼ばれ、骨盤底筋群が弱る結果、支えられていた臓器が本来の位置から下がってきて、膣から体外に出てきてしまう、という病気です。

骨盤臓器脱は、出てくる臓器によってそれぞれ病名が付けられていて、子宮脱(子宮下垂)、膀胱瘤(膀胱下垂)、尿道瘤、直腸瘤、小腸瘤、膣脱などと呼ばれています。

このうち、 膀胱瘤(膀胱下垂)や尿道瘤になると、頻尿や尿漏れ(尿失禁)が起きることがあります。

骨盤臓器脱の治療は、薬物療法が無効なので、原則的に手術療法が採られています。ペッサリー療法(保存療法)という対症療法もありますが、根本的な治療法ではありません。

女性特有の原因、子宮筋腫

頻尿や尿漏れ(尿失禁)の女性特有の原因としては、子宮筋腫もよく知られています。子宮筋腫とは、子宮の筋肉の壁に生じる良性の腫瘍です。

原因はまだ分かっていませんが、生理がある女性に最も多い病気の一つであり、生理がある女性の約半数に見られる、という報告もあります。30歳以上の女性の4分の3に見られる、との説もあります。

子宮筋腫は、初期の段階ではほとんど自覚されず、その間にも2種類ある女性ホルモンの一方である卵胞ホルモン(エストロゲン、狭義の女性ホルモン)に反応して発育、肥大化していきます。そうして、次第に膀胱を圧迫するようになります。

子宮筋腫は、不妊症や流産といった大きな問題との関連もあり、見過ごせませんが、ここでは敢えて頻尿や尿漏れ(尿失禁)との関連のみに話を絞ると、膀胱は子宮の前に位置するので、肥大化していく子宮筋腫に膀胱が圧迫されて、尿意を催しやすくなったり尿が出にくくなったりなど、頻尿や尿漏れ(尿失禁)の症状が現れることになります。

子宮筋腫の治療法には様々なものがあるので、最適な治療法を選ぶべく、十分なインフォームドコンセントを受けることが勧められています。

膀胱炎!

膀胱炎は、30代、40代の頻尿や尿漏れ(尿失禁)の原因として、男女共に考えられるものですが、圧倒的に女性に多く見られる症状です。女性の方が膀胱炎に罹りやすいのは、肛門や膣が尿道口に近く、しかも尿道が短い、という女性特有の身体の構造が、膀胱まで侵入する大腸菌などの細菌にとって都合が良いからです。

そして、ここにさらに冷えやストレスが重なれば、膀胱の防御機能が弱くなり、細菌の繁殖を許してしまうことにもなります。

膀胱炎になると、膀胱が正常に働かなくなるので、頻尿や尿意切迫感、排尿痛などの症状が出ます。そして、ひどくなると、膀胱に尿が溜まるだけで痛みが出たり、腎臓などの障害につながったりすることもあります。

女性が膀胱炎に罹ると、自分で自覚できる場合が多いだけに、一気に憂鬱になり、また、恥ずかしさも手伝って、病院に行かずに放置し、重症化、慢性化させ、腎臓など他の臓器にも悪影響を及ぼさせてしまうことがしばしば見られます。

しかし、病院に行くと、あっと言う間に症状が無くなり、また、下着を取って内診するわけでもないので、ためらわずに受診するように、と医療関係者は強く勧めています。

病院では、一般に、まず問診、続いて尿検査が行なわれます。膀胱炎と診断されると、通常は、最も多い原因菌である大腸菌に効果がある抗菌薬(抗生物質)が処方され、それで治らない場合には、尿細菌培養検査を行なって原因菌を特定し、その原因菌に効果がある抗菌薬(抗生物質)が処方されます。

急性膀胱炎の初期の場合には、水分を多く摂り、こまめに排尿し、尿と共に原因菌をきれいに排出してしまえば、自然治癒することもあります。

膀胱炎になるのを防ぐには、局部を常に清潔にしておくこと、疲れをそのままにせずよく眠り休むこと、そして、下腹部をいつも温かくしておくことが大切です。

“膀胱に菌を入れない!増やさない!そして、免疫力を落とさない!”が、膀胱炎を防ぐための基本3原則です。

上記以外の、30代、40代の頻尿や尿漏れ(尿失禁)の原因

過活動膀胱も、30代、40代の頻尿や尿漏れ(尿失禁)の原因として、男女共通のものですが、特に、男性に比べて女性の受診率の低さが際立っているだけに、女性が気を付けておきたい病気です。

さらに、神経性頻尿も、男女に共通する頻尿の一種です。ただし、尿漏れ(尿失禁)の症状はありません。

30代、40代の女性に起きる頻尿や尿漏れ(尿失禁)の原因や治療・対策を見てきました。お悩みの方の参考になれば、と思います。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報