妊娠中に頻尿になるのは大きくなった子宮に膀胱が圧迫されるため?

妊娠すると頻尿になりやすい、と言われています。なぜでしょうか?主に次の三つの原因が考えられています。

1. 赤ちゃんの成長と共に大きくなる子宮に膀胱が圧迫されるため。

2. 妊娠すると特に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)に子宮や膀胱などの筋肉を緩める働きがあるため。

3. 妊娠すると血流量が増え、腎機能が活性化されて、尿量も増えるため。


今回は、特に1の原因に焦点を当て、それを踏まえて、妊娠中の各時期の頻尿について考えます。

スポンサードリンク


妊娠中には大きくなった子宮に膀胱が圧迫されるので頻尿になりやすい

お腹の赤ちゃんが成長するにつれて子宮も大きくなり、それ自体は喜ばしいことですが、その分、子宮の前に位置する膀胱が押されて圧迫されるのは、止むを得ないことです。

圧迫された膀胱は、小さく変形するので、尿を溜められる容積が小さくなってしまい、頻尿を引き起こすことになります。

この種の頻尿は、子宮が骨盤より上部に移動して膀胱を圧迫しなくなる妊娠中期には、大抵改善されます。ただし、必ずしもそう言い切れるわけではなく、頻尿が妊娠後期まで続く場合もあり、個人差があります。

このような妊娠初期(妊娠16週頃まで)の頻尿への対策としては、そのような体内の状態の変化に対応して、排尿後、少しの間、前かがみの姿勢を取ると、膀胱の中の尿がきれいに排泄されて残りにくい、ということがよく知られています。

その他、利尿作用のあるカフェインの入った飲料を控えることや、水分を摂り過ぎないこと、水分量の多い食事や果物類の摂り過ぎに注意すること、体の冷えに注意すること、体を温め血行を良くしリラックス効果もある入浴タイムを活用することも、妊娠初期の頻尿への対策としてとても有効です。

妊娠中の各時期の頻尿の原因と対策

それでは、妊娠初期(妊娠16週頃まで)以外の時期の頻尿には、どのような原因があり、どのような対策を取れるでしょうか?

まず妊娠初期(妊娠16週頃まで)に、大きくなった子宮に膀胱が圧迫されて生じる頻尿については、ここまでに書いた通りですが、この時期に特徴的なその他の症状として、吐き気や頭痛が挙げられます。

吐き気がある時はつらいですが、水分だけでも摂ると良いでしょう。また、頭痛については、鉄分を補うことが有効な場合があります。

さらには、先に水分の摂り過ぎに注意するべきことを書きましたが、それが高じて、却って控え過ぎる方も多くおられます。水分を全く摂らないのではなく、適量を考えて、小まめに少しずつ摂ることも大切です。

妊娠中期(妊娠16週頃から28週頃まで)の頻尿の原因や対策について

妊娠中期には、子宮が骨盤より上部に移動して膀胱を圧迫しなくなるので、妊娠初期の頻尿の原因が自然に解消されて、頻尿を訴える方は少なくなります。

ですから、妊娠中期になっても頻尿が解消されず、心配になるなら、早めに医師に相談することをお勧めします。

具体的には、妊娠中期の頻尿は、早産の兆候である可能性があります。また、この時期に、排尿時に痛みがあったり血尿が出たり排尿後に残尿感があったりするなら、膀胱炎の可能性があります。さらには、妊娠中期には膣炎になる可能性も高いです。

とは言え、妊娠中期には、初期とは逆に、膀胱の方に通常通り尿が溜まって大きくなり、上部に移動した子宮を圧迫し、子宮からその反発を受けて、結果として膀胱が圧迫される形になり、尿意を催す、という現象も起こり得ます。

ですから、原因がはっきり分かるまでは、過度に心配して緊張したりストレスにしたりしないのが良いでしょう。むやみな緊張やストレスは、お腹の赤ちゃんにとってもお母さんご自身にとっても望ましいことではなく、出来れば避けたいことです。

妊娠後期(妊娠28週頃から)の頻尿の原因や対策について

妊娠後期になると、お腹の赤ちゃんが成長し、子宮も大きくなって、再び膀胱を圧迫するようになります。そのため、妊娠初期と同じように、膀胱に尿が少しでも溜まると尿意を感じるようになったり、尿意を感じてから我慢出来なくなるまでの時間が短くなったりすることが多くなります。

この時期の対策としては、通常の頻尿の程度が大きくなっただけだと考えて、トイレに行くのを我慢しないことや生理用ナプキンなどで尿漏れ対策することなどが挙げられます。

しかし、頻尿があまりにもひどい場合や排尿に伴って出血がある場合には、尿路感染症や膀胱炎などの可能性もあるので、早めに医師に相談しておけば安心でしょう。

尚、妊娠0週から3週頃までを指して“妊娠超初期”と呼ばれることがあります。この時期にはまだ妊娠に気付いていない場合もありますが、妊娠を意識してもいないのに、早くも子宮が膀胱を圧迫し始めて、頻尿が起こることがあります。

ですから、気になる妊娠兆候が出ていて、生理が予定より遅れているならば、薬局で妊娠検査薬を買ってきて、検査してみるのがお勧めです。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報