生理前、生理中に頻尿になるのは、黄体ホルモンが関係している

女性が生理前、生理中に頻尿になる原因には、様々なものがありますが、大きな原因と考えられているのは“黄体ホルモン(プロゲステロン)”という女性ホルモンです。

生理前に多く分泌されるこの黄体ホルモン(プロゲステロン)、一体どんな女性ホルモンなのでしょうか?

黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されるのは、排卵後から生理が始まるまでの期間です。卵子は、卵巣の中にある卵胞という袋の中で成熟し、排卵の時に外に飛び出し、残された卵胞は、黄体と呼ばれるようになります。

この黄体から、排卵後2週間程度、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類の女性ホルモンが分泌されます。

尚、一般に、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つのホルモンを指して“女性ホルモン”と呼びますが、特に女性らしい体つきへの影響が大きい卵胞ホルモン(エストロゲン)だけを指して“女性ホルモン”と呼ぶこともあります。

卵胞ホルモン(エストロゲン)は、分泌されると、排卵直後に数㎜にまで薄くなった子宮内膜に十分な栄養を与えて、受精卵が着床しやすい1㎝程度の厚みに戻します。

一方、黄体ホルモン(プロゲステロン)は、子宮内膜やその周辺の血流量を上げることによって基礎体温を上げ、卵胞ホルモン(エストロゲン)の働きを助けると共に、卵胞ホルモン(エストロゲン)の働きで厚みを戻された子宮内膜を、柔らかくふわふわな状態にし、その状態を維持する働きをします。さらには、乳腺を発達させる働きもあります。

このように、黄体ホルモン(プロゲステロン)は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と共に、排卵後から生理が始まるまでの期間に、女性の体を妊娠に備えさせる非常に重要な働きをしています。

排卵された卵子が着床しやすいように子宮の状態を整えたり、整えた子宮の状態や基礎体温を安定させて受精した卵子が順調に育つように準備したりしているわけです。

スポンサードリンク


黄体ホルモン(プロゲステロン)はどのように頻尿を引き起こすのか

ところが、特に黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きは、別の角度から見れば、安定した環境を保とうとして、新陳代謝を低下させ、子宮周辺の筋肉を柔軟で引き締まりにくくし、腸や膀胱の動きも抑制させることになります。

また、排卵された卵子が着床しやすいように、たくさんの栄養と共に、水分をも体内に溜め込むことになります。さらに、生理前には子宮が腫れて、膀胱を圧迫し、1回の排尿量が減って、排尿の回数が増える場合もあります。

しかも、黄体ホルモン(プロゲステロン)は、何よりも卵子にとって都合が良いように働くので、他の面で体内に不具合が生じても、分泌が止まったり弱まったりすることはありません。

ですから、黄体ホルモン(プロゲステロン)は、生理前に頻尿を起こす主要な原因になるのです。

因みに、黄体ホルモン(プロゲステロン)が卵子の都合を優先して働くせいで他の面で体内に不具合が生じる例としては、イライラ、頭痛、腹痛、吐き気、過剰な食欲、便秘、冷え、寒気、眠気、倦怠感、不安感などがありますが、頻尿も含めこれらの不快症状は“月経前症候群”と呼ばれています。

そして、月経前症候群のこれらの症状が、さらに新たに頻尿を引き起こす要因になる場合もあります。

どんな対策を取れるか

このように、様々なことが原因になって生理前の頻尿が引き起こされますが、どのような対策を取ることが出来るでしょうか?

最も直接的に有効なのは、生理前の頻尿の主要な原因になっている黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌をコントロールすることでしょう。そのようなことが可能でしょうか?ある程度は可能です。

黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌をちょうど良い量で安定させるために、睡眠と食事の時間、つまり、就寝時刻と起床時刻、朝食・昼食・夕食・間食の時刻を出来るだけ毎日同じ時刻にすることです。

そうすることで、身体のリズムが決まり、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を安定させることが出来ます。

タバコやアルコールは、血液をドロドロにしたり、毛細血管を収縮させたりして、血流を悪くする原因になります。

血液は全身を行き巡っていますから、血流が悪くなれば、当然全身に負担を掛け、黄体ホルモン(プロゲステロン)を含むホルモンの分泌を乱すことにもなります。ですから、タバコやアルコールは出来る限り避けたいものです。

さらには、ストレスも可能な限り避けるべきです。ストレスがあると、自律神経が乱れて、ホルモン分泌を乱す元にもなりますし、その結果、生理中にも黄体ホルモン(プロゲステロン)の過剰分泌を引き起こす可能性もあります。

その他の原因による頻尿の場合も含めて、身体を温めて冷えを防ぐことはいつでも有効です。温かくしてリラックスすることが大切です。

そして、喜ばしいことに、妊娠の初期症状で頻尿が見られることもあります。温かい気持ちで自分の身体と付き合っていきたいですね。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報