女性特有の頻尿の原因は骨盤底筋の緩みから起こる

頻尿の原因や症状には、男性、女性、それぞれに特有のものがあります。女性の場合には、“骨盤底筋(骨盤底筋群)の緩み”がしばしば挙げられます。

そのため、骨盤底筋(骨盤底筋群)を鍛えて、緩みを引き締めたり、緩みにくくしたりすることが大切です。

実は、医学的には“骨盤底筋”という名前の筋肉は無く、体内の“骨盤底”と呼ばれる部位にある複数の筋肉が“骨盤底筋群”と呼ばれたり、それらがまとめて簡単に“骨盤底筋”と呼ばれたりしています。

“骨盤底筋群”という語は、英語Pelvic Floor Muscles(Pelvic=骨盤、Floor=底、Muscles=筋肉群)の直訳です。

“骨盤底”とは、底に穴が開いた入れ物の形をしている骨盤の底に当たる部分のことで、穴が開いている所を複数の筋肉や靭帯がハンモックのようにぶら下がって塞いでいます。

その筋肉・靭帯群はとても丈夫に出来ていて、直腸、膀胱、子宮など下腹部の内臓が下がってこないように支え、体の動作によって時に生じる圧力(腹圧など)をも受け止めています。

因みに、骨盤底筋群は三層構造になっていて、面積は120~150平方㎝くらい、厚さは20歳代の女性で5~9㎝くらいです。

直腸、尿道、膣は、そんな丈夫な骨盤底を上下に貫いており、それらの中身が漏れ出してこないように、骨盤底筋群の筋肉の一つである括約筋が締め付けています。

そして、括約筋は本人の意思で収縮をコントロールできるので、人は、自分の意思通りに排泄などを行なうことが出来るわけです。

ですから、もし括約筋を含む骨盤底筋群が自然に緩んでしまえば、当然トイレが近くなって頻尿になり、咳やくしゃみをしたり重いものを持ったりした拍子に尿が漏れてしまう(腹圧性尿失禁)、ということも起こってしまうことになります。

スポンサードリンク


骨盤底筋群が緩むのはなぜ?

では、なぜ骨盤底筋群が緩んでしまうのでしょうか?加齢・老化、運動不足、長時間に及ぶ座った姿勢など男女に共通する原因もありますが、それだけではなく、特に女性の場合、妊娠、出産、閉経などが大きく影響して、骨盤底筋群を緩ませます。

というのは、妊娠中はお腹の赤ちゃんの重みが骨盤底筋群に負担を掛け、経膣的な出産は骨盤底筋群を損傷し、閉経と共に骨盤底筋群を強くする働きを持つ女性ホルモンの分泌が低下するからです。

また、そもそも女性の骨盤底は男性の骨盤底よりも華奢に出来ていて、そのおかげで出産をしやすくなっていますし、男性には無い膣が女性にはある、ということも、女性の骨盤底の構造的な弱さにつながっています。

そのため、年月が経てば経つほど(年齢を重ねれば重ねるほど)、妊娠・出産を重ねれば重ねるほど、女性の骨盤底は強度を失うことになります。

おまけにも期待できる“骨盤底筋体操”

しかし、自分の意思でコントロールすることが出来ない排尿筋(膀胱の筋肉)などと違って、骨盤底筋群は自分の意思でコントロールすることが出来るので、運動によって意識的に鍛えることが出来ます!

生活の中にも、骨盤底筋群を鍛えることの出来る動作はあって、例えば、和式トイレを使ったり、床の雑巾がけをしたりする時の動作・姿勢は、その一つです。

しかし、今では、骨盤底筋群を使うそのような動作・姿勢をする機会は少なく、人によっては全く無いかも知れません。

そこでオススメなのが、“骨盤底筋体操”です!骨盤底筋体操の基本動作は次の通りです。

1. 肛門と膣をキュッと締めます。

2. キュッと締めたまま胃の方に持ち上げるようにして、5カウント、キープします。

3. ゆっくり肛門と膣を緩め、5カウント、休みます。

これで1セットです。これを毎日欠かさずに行ないます。1日何セット行なえば良いかは、個人差があり、勧めているウェブサイト等によってもまちまちで、10~80セット位まで幅が有りますが、いずれも、効果が現れるまで少なくとも1~3ヶ月は続けるように、と勧めています。

骨盤底筋体操は、日常の生活習慣の中に取り入れることが出来、生活上のシーンごとの方法も工夫できます。

例えば、朝起きた時や部屋でちょっと休む時などには、仰向けの姿勢でリラックスし、足を肩幅に開いて、膝を軽く立て、その姿勢で上記の基本動作を行います。

椅子に座って一息ついている時には、その状態のまま、床につけた足を肩幅に開き、背筋を伸ばし、顔と目は真っ直ぐ前に向けて、上記の基本動作を行います。

新聞を読んでいる時や寝る前などには、床に膝を着いて四つん這いになり、肘をクッションや枕の上に立てて手に顎を乗せ、その姿勢で基本動作を行います。

このように、日常生活のちょっとした合間に気軽に行なうことが出来ます。骨盤底筋体操をすれば、骨盤底筋群が引き締まるので、女性ホルモンのバランスが整えられ、ヒップアップやお腹周りのシェイプアップにも効果的です!

そして、背筋を伸ばして胸を張るので、バストアップも期待出来ます!正に“美”というおまけ付きですね。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報