トイレに行けない状況での対処法

頻尿になって一番困るのはトイレです。家で生活している分には問題はさほどありませんが、会社や外出先で尿意が頻繁にあるととても困ってしまいます。

そしてそもそもトイレが今いる場所にはないというケースもあることでしょう。このような場合はケースバイケースで対処することが大切になります。

あらかじめ出先でトイレがないと分かっているなら、出かける前に水分補給は極力控えておくことも方法の一つです。特にコーヒーやお茶は避けていた方がよさそうです。

いわずと知れたことですが、コーヒーなどはカフェインが含まれていますので利尿作用を促進してしまいます。

カフェインが入っている飲み物は摂らないことを肝に銘じた方がよさそうです。利尿作用がある飲み物といえばお酒も例外ではありません。ビールはその代表といえます。

宴席でお酒を飲む機会があるならばあえて飲まないか、気をつけながら飲むことが寛容といえます。

宴席ならば付き合いがあります。そしてお酒を勧められます。仕事の上のことならなおさらお酒は避けられない雰囲気があります。このような時は相手のこともありますから上手くお酒と付き合うことが必要になります。

一口、二口お酒に口を付けて後は嗜む程度に飲むのがコツです。

スポンサードリンク


アルコールはご法度

これなら得意様など相手に対し失礼にあたらないし、お酒の付き合いもできていることになります。宴席相手が積極的にお酒を進めてくるなら、医者からお酒は少々控えるようにいわれていると述べれば、その場を取り繕うことができます。

返って宴席の雰囲気に呑まれお酒を大量に摂取すれば頻尿に拍車が掛かり、結果的にトイレに足しげく行くことになります。

これでは宴席のテンションが下がりかねません。周りに合わせようとしたにも関われず楽しい雰囲気を壊すことにもなります。人目が気になりトイレに行けない状況下では、利尿作用が強いドリンクは出かける前から避けるようにしましょう。

トイレがある場所なら我慢せずに用を済ませればよいですが、そもそもトイレがない、もしくは近くにトイレがない場合はどのように対処すればよいか迷ってしまいます。

まず頻尿がある方には大人用のオムツを着用することも進めです。オムツという響きに抵抗を感じる方は多いと思います。

ただ、実際例として頻尿の方でトイレに行けない状況におかれれば、尿漏れやおもらしをすることは決して珍しいことではありません。排尿というのは生理現象です。

頻尿傾向がない健康な方ならある程度、我慢できるのかもしれませんが、頻尿もちの方は一度でも尿意が起きるとその間隔は短時間で増殖していきます。

そうなるとトイレがなければおもらしという事態は現実のものになります。そこで最悪の事態に備えて大人用のオムツを装着しておきます。

大人用オムツの有効性

オムツは当然のことながら赤ちゃんがするものですから吸水性は優れており、それを大人用に改良しているため効果は抜群です。大人用オムツが注目されてきたのは高齢化社会と深い関係があります。

高齢化社会になれば介護を必要とする老人が増えてきます。そうなればオムツの需要が急拡大していきます。

これを反映して2012年には売上高で大人用オムツが子ども用オムツを逆転するまでになりました。その介護用として拡大してきた大人版オムツが頻尿対策として注目を集めます。

介護者のためのノウハウが蓄積されているため吸水性などはおりがみつき。このため頻尿対策としては申し部のないアイテムといって差し支えがないようです。

さらに手軽な頻尿対策としてツボ押しマッサージが有効です。体中に頻尿に効果があるとされるツボがいくつかあります。腰の腎兪や腹部の中極を押すと効果的といわれています。

トイレに行けない状況時にはツボを刺激しておくことで予防効果が期待できることもありそうです。また、温めることで効能が発揮されることがわかっていますので、腰からおなか周りを念入りに温めておくことだけでも抑制があるとされています。

今まで述べてきたことはあくまで対処療法に過ぎません。トイレに行きたいけれどトイレがない。一方、トイレは近くにあるけれど会合やその状況で行けない雰囲気があるとでは意味が違います。

前者の場合はあらかじめ近所にあるトイレをチェックしておきましょう。通勤電車でいつも尿意を感じるのなら途中駅でのトイレの位置を確認しておく。

娯楽、行楽場所でトイレが近くにないケースでは、車の中で用が済ませられるように簡易トイレを用意するとよいでしょう。

そして会合や会議などでトイレに行きづらい状況なら、前もって出席者に頻尿のことについて話しておくことであらぬ誤解が生じないものです。

グッズなどの対処療法もよいですが、やはり頻尿を根本的に断ちたいのなら病院での治療を優先させることが何よりも重要といえます。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報