頻尿グッズを利用してみよう!

頻尿に悩む方々は実に多い。病院にかかり薬を処方してもらうのも一つの方法です。薬を使用することで劇的な効果が得られます。薬を処方される方は比較的症状が重い傾向にあるようです。

薬に頼るほどではない、しかし頻尿対策をしっかりしたいと考えている方々が利用しているのが頻尿グッズ!

頻尿グッズと一言でいってもその種類は多種多様。頻尿対策を考える上で重要なことは予防と処理です。予防とは頻尿を未然に防ぐこと。尿意を頻繁に感じるようであるならそれを抑えることが大切になります。

その代表格はサプリメント。頻尿の改善を謳ったサプリメントはとても多くあります。

処方薬を利用するほどではないけれどトイレに行く回数を減らしたいと願う方々が頻繁にサプリメントを購入しているようです。価格帯はとても幅が広くなっていますがだいたい5000円前後のサプリメントがよく売れています。

大手製薬会社などがこぞって頻尿市場に参入し売り上げを伸ばしています。

スポンサードリンク


副作用には要注意しよう

たくさんあるサプリメントの中で迷いが生じた時にはとりあえずブランド名で購入を決めるのも無難といえます。大手が発売するサプリメントは安心感があり消費者の購入意欲をそそります。

また、名の通っていない会社のサプリメントは安い価格帯で販売されることもありますが、安全性を見極めながらの購入は当然のごとくしたいものです。

サプリメントといっても副作用がでることはありますので服用には注意を払う必要があります。効能についても効果を謳う広告が目立ち購買意欲を誘います。

ただ、商売としての誇大広告ぎみの宣伝も少なくないので頻尿抑制効果については慎重に見極めた方がよさそうです。

頻尿には寒さからくる環境や心因性を原因とするものもたくさんあります。これらは事前予防でかなりの効果が期待できます。寒くなるとトイレが近くなるならカイロを装着して対応するのも立派な頻尿対策になります。

服装については重ね着をするのもよいですが今流行りのヒートテック素材の肌着を身につけるのも効果的です。

腹巻き効果は馬鹿にならない

さらにお勧めなのが腹巻き。腹巻きと聞くとおじさんが愛用するダサいアイテムと思われがちですがその効果は優れているとされます。

腹巻きは腹部を温めるため冷え性の方にはピンポイントで改善が実感できます。冷え症は血管を収縮させ、血液を体の末端まで行きわたらせなくします。そして腎臓へも影響を与えます。

腎臓は冷えにとても弱いとされます。毛細血管が集中しているため冷えによる血管収縮で腎臓本来の機能が果たせなくなります。こうなると排尿にも何かしらの支障が生じかねません。

腰回りを温めることにより腎臓機能を冷えから守ることができ、頻尿対策にも一役を買います。腹部の保温は腎機能とともに腸内環境を正常にしてくれます。冷えは便秘のもと。便秘が起きると膀胱を圧迫し、結果、排尿障害をもたらします。

そこで腹部を温めることにより便秘の改善が図られ、まわりまわって膀胱の負担を減らすことになります。腹巻きでお腹全体を包めば腎臓や腸を保護して頻尿予防に役立つというわけです。

冷え症、便秘は女性の天敵。腹巻きをすることでこれらを解消してくれます。ワコールやトリンプから可愛い、華やかな色柄の腹巻きが発売されていますので、若い女性にも気兼ねなく着用してもらえるはずです。

尿漏れパッドと生理用品は違う

ここまでは頻尿を予防するためのアイテムです。次は頻尿が起きてしまった後の処理を考えてみます。頻尿になると一番困るのはトイレです。

トイレに行けて用を済ますことができればそれに越したことはありません。ところが女性に多いのですが頻尿もち方にみられる現象として尿漏れやおもらしがあります。

我慢していると思わぬ形で尿漏れすることがあるのが女性です。尿漏れパッドを愛用している女性は世代を超えて多いことと思います。

尿漏れが起きてしまいますとニオイが気になり、スカートやパンツに染み出ているのではないかと心配になります。そこでそれぞれの状況に合った尿漏れパッドを使い分けることが重要になります。

尿漏れの量、ニオイの有無で使用するパッドも変わってきます。最適な尿漏れパッドを使いケアをしたいものですが、中には生理用ナプキンを使う女性もいるようです。尿漏れパッドと生理用ナプキンは性質が異なるため安易な共用は避けたいものです。

効果が半減されてしまいますので適切に使い分けましょう。頻尿グッズはまだまだたくさんのアイテムがありますが、予防と処理を見据えて万全の対策をとることで快適な生活が送れるようになります。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報