1日のトイレの回数が何回を超えると頻尿なの?

頻尿とは文字通り、頻繁に排尿をする状態のことですが、医学的に明確な定義があります。頻尿の定義としては「1日の排尿回数が8回以上であること」とされています。

ただし、トイレの回数が8回以下であっても、本人がトイレに行く回数が多いことに悩みを感じている場合は頻尿であるとされています。

また、就寝前に水分を多めに摂取したなどの理由もないのに、夜間トイレに起きてしまうのも頻尿とされています。一般的に就寝時は腎臓の働きが抑制されるため、昼間と比較すると作られる尿の量は少ないのです。

そのため、1回でもトイレに起きるようであれば頻尿の疑いがあります。

頻尿にはいくつかのパターンがあります。トイレの回数が昼間だけ多いケース、夜間だけ多いケース、そして昼夜問わず多いケースです。頻尿は生命にかかわる病気ではないため、本人が不都合を感じていなければ必ずしも早急に対処する必要はないでしょう。

けれど、頻尿で行動が制限されてしまうようなことがあるならそういうわけにもいきません。特に就寝時に何度も尿意をもよおしてしまうのは睡眠不足になるだけでなく、免疫機能や精神の健康の面からも好ましくありません。

スポンサードリンク


排尿の回数と問題点

頻尿はトイレに行く回数が多いだけで大した問題ではないと考えている人も多いかもしれません。けれど、多い人では日中に10回以上トイレに行くというケースもあるようです。

1日24時間のうち仮に睡眠時間が8時間とすると、起きている時間は16時間になります。16時間のうちに10回トイレに行くとなると、およそ1時間半ごとにトイレに行く計算になります。

これだけの回数になってしまうと、日常生活や仕事、人付き合いにおいて支障が出る可能性も十分にあり、決して放っておいて良い問題ではないのです。

なお、一般的な成人の日中のトイレ回数は5回程度と言われていますので、同様に計算をすると3時間半に1回程度ということになります。

また、頻尿の問題点として、症状を自覚していながら泌尿器科を受診しない人が多いということがあります。排尿に関することなので恥ずかしいと思う人が多いようですし、トイレが近いくらいで病院に行くのは気が引けると感じている人もいるようです。

しかし、頻尿の裏には思わぬ疾患が隠れている場合も多々あります。それに、治療をして症状を改善することで仕事や人間関係に対して前向きになれるケースも多くあるため、積極的に受診すべきでしょう。

頻尿の症状について

頻尿はただ排尿回数が多いだけでなく、他にもいくつかの特徴的な症状があります。排尿したばかりだというのにすぐに尿意をもよおしたり、残尿感があったりすることがあります。

また、突然の激しい尿意や我慢できないほどの強い尿意、力んだ時や驚いた時に尿が漏れてしまうようなこともあります。

頻尿の人はトイレに行く回数が多いため、1回あたりの排尿量は少ないのが一般的です。しかし、中には毎回の排尿量が多いという人もいます。この場合は、多尿という症状が疑われます。

一般的な成人の場合、1日に作られる尿量は800~1600mlであるのに対し、多尿の症状がある人は1日に3000mlもの尿が作られます。このためトイレの回数が多くなるのですが、多尿と頻尿は異なるものとして考えるのが一般的です。

いずれにしても、これらの症状がみられる場合は泌尿器科を受診すべきです。昔からよく「年を取るとトイレが近くなる」といいますが、頻尿は決して高齢者だけに起こる症状ではありません。

年齢や性別を問わず、誰にでも起こる可能性がありますが、適切な治療を受けることで多くの場合で症状は改善します。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報