アルコールの利尿作用

アルコールを飲むとトイレが近くなるという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?ビールや酎ハイなどは一度に飲む量が多いため、体内の水分量が多くなりトイレに行く回数が増えてしまいます。

また、ビールや酎ハイなどはよく冷えていることから体温が下がり、その結果トイレに行く回数が多くなってしまいます。

また、カフェインには膀胱を刺激して排尿を促す作用があるため、焼酎の緑茶割りなどはアルコールとの相乗効果でよりトイレが近くなる傾向があります。

スポンサードリンク


アルコールと利尿ホルモンの関係

人の身体には抗利尿ホルモンというものがあります。抗利尿ホルモンには身体の中から必要な水分が排出されないように利尿を制御する働きがあります。抗利尿ホルモンが機能することによって体内の水分量が適切にコントロールされているのです。

ところがアルコールには抗利尿ホルモンの働きを抑制する働きがあるため、お酒を飲むとトイレが近くなってしまうのです。

アルコールの利尿作用は強く、飲酒した分の水分だけが尿として排出されるわけではなく、体内の必要な水分まで排出されてしまうのです。そのため、少量しかアルコールを飲んでいないのに何度もトイレに行きたくなるという現象が起こります。

度数の高いアルコールを少量ずつ飲んでいる場合などは、飲酒をしている最中に脱水状態になるケースが稀にあるようです。

水分の過剰摂取が及ぼす健康被害

水分を多く摂取すると健康によいと言われていますが、実は水分を過剰に摂取することで身体に悪影響が出てしまうケースもあるのです。

水分の摂取は少なすぎてもよくありませんが、過剰に摂取するのも問題で、適量をまもることが大切です。水分の取り過ぎによる弊害には以下のようなものがあります。

【腎機能低下】
腎臓には尿や血液をろ過する働きがあります。多量の水分を摂取すると血液量が増加したり、生産される尿の量が増えたりして腎臓に負担がかかり、腎機能の低下に結びつきます。

【血圧の上昇】
大量の水分が体内に入ってくると、余分なものを尿にして体外に排出しようとする働きがおきます。そのため余分な水分が血管内に取り込まれ、血液量が増加します。血管を通る血液量が増えることから血圧が高くなってしまうのです。

【低ナトリウム血漿】
過剰に水分を摂取すると、血液中のナトリウム濃度が下がります。ナトリウムは血管内の浸透圧を調整する働きがあり、欠乏によって頻脈や血圧の低下、脱力感、口腔粘膜の渇き等といった症状を引き起こします。

重症化すると、けいれんが起きたり、昏睡状態におちいったりすることもあり、最悪の場合は死に至ります。

【消化不良・食欲減退】
水分を取り過ぎてしまうと胃液が薄まり、胃の機能が低下してしまいます。 消化不良を引き起こすこともあり、それが原因となり食欲不振の症状が現れるケースもあるようです。そのため充分な食事が取れなくなって体力が衰えたり、免疫力が低下したりすることもあります。

【浮腫みと冷え】

摂取した水分は大腸を通じて血液に吸収されます。しかし、水分量が多すぎると全てを血管内に取り込むことが出来ず、水分が血管外にしみ出してしまい、これが浮腫みの原因となります。浮腫みの起きた箇所は冷えを起こしやすいという問題もあります。

【交感神経の働きが鈍る】
体内の水分量が不足すると、交感神経が水分を補給するよう命令を出します。すると喉の渇きを感じるようになるため、人は水分を補給するのです。

しかし、常に体内が多量の水分で満たされていると、交感神経の働きが鈍り、水分量が減った時に正常に機能しなくなってしまうケースがあります。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報