便秘と頻尿には実は深い関係がある

便秘は女性に多い症状で、2人に1人は便秘に悩んでいると言われています。女性に便秘の人が多い理由はいくつかあり、以下の通りです。

【女性は筋力が弱い】
一般的に女性は男性と比較すると筋力がありません。排便の際に使われる括約筋や腹筋が弱く、便を送り出す力が十分でないことから便秘になりやすいのです。

【妊娠・出産の影響】
女性は妊娠・出産を経て骨盤が広がります。すると、骨盤が広がったところに腸が下がってきてしまい、腸管が変形してしまうことがあります。その影響で硬い便がたまりやすくなってしまい、排便が困難になり便秘になってしまうケースもあります。

また、女性は妊娠するとプロジェスティンという黄体ホルモンの分泌量が増えます。このホルモンには体内に水分をため込む働きがあり、排便に必要な量の水分が確保できなくなることから便秘になってしまうこともあるようです。

【生理の影響】
生理中は血液の量が減少してしまうことから赤血球の働きが弱くなり、身体に酸素が行きわたらなくなってしまいます。すると食べ物を分解しエネルギーにする機能が弱まり身体が冷えてしまいます。

身体の冷えは小腸や大腸などの働きを弱めてしまうことから、排便がスムーズにいかず便秘になってしまうのです。

【ホルモンの影響】
女性は生理前になるとエストロゲンという女性ホルモンの分泌が盛んになります。エストロゲンは自律神経の働きを抑制するため便意を感じにくくなってしまいます。

また、エストロゲンは大腸のぜん動運動を弱めて腸内の働きを鈍化させてしまいます。こういったことから多くの女性は生理前になると便秘の症状が出てしまうのです。

スポンサードリンク


便秘による頻尿

便秘と頻尿は一見、全くの無関係に思えるかもしれません。しかし、この二つは意外な繋がりがあるのです。

腸内に便が溜まるとしだいに便からガスが発生するようになります。すると、ガスで満たされ膨らんだ腸が膀胱を圧迫してしまうことがあるのです。

腸からの圧迫で膀胱が刺激を受けると、頻繁に尿意をもよおすようになってしまったり、残尿感をおぼえたりすることがあります。

頻尿に悩んでいる人で便秘がちだという場合は、腸内環境を整えるなどして便秘の症状を改善すると、頻尿が治るケースもあるようです。

便秘の裏にある重大な疾患

便秘の裏には意外にも重大な疾患が隠れている場合があります。ひどい便秘の症状に悩まされている人は、たかが便秘などと思わずに一度、医療機関を受診してみると良いでしょう。便秘の症状が出る疾患には以下のようなものがあります。

【子宮筋腫】
子宮筋腫は子宮に出来る良性の腫瘍ですが、大きなものになると2キロを超えることもあります。筋腫によって肥大化した子宮が下腹部を圧迫することで便秘の症状が出てしまうケースがあるようです。

【腸閉塞】
腸閉塞になると腸管が塞がれてしまうため、消化物が肛門へと移動しにくい状態になってしまい便秘を引き起こしてしまいます。

【大腸がん・大腸ポリープ】
大腸がんや大腸ポリープになると炎症によって腸管が狭くなってしまいます。そのため便が肛門へスムーズに移動せず便秘になってしまいます。

便秘の予防と治療

【食物繊維を豊富に摂取する】
食物繊維には水溶性と不溶性があり、水溶性の食物繊維には便を柔らかくする働きがあります。また、不溶性の食物繊維には腸のぜん動運動を活発にして便を排せつしやすくする働きがあります。

水溶性の食物繊維はこんにゃくや海藻などに多く含まれています。また不溶性の食物繊維は、根菜類や豆類、きのこなどに豊富に含まれています。

【起床時にコップ一杯の水を飲む】
適度な水分を摂取することで便が柔らなくなり、排便の助けになります。

【ビフィズス菌を摂取する】
ビフィズス菌には腸を刺激して便通をよくする働きがあります。ヨーグルトや乳酸菌飲料などに含まれています。

【適度な運動を習慣づける】
身体を動かすことで腸の働きが活発になり便秘の解消に役立ちます。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報