頻尿は糖尿病が隠れていることがある!

糖尿病は日本人の5人に1人がかかっている、または予備軍であると言われています。糖尿病とは、血中のブドウ糖濃度の高い状態が持続する疾患で、その原因はインスリンというホルモンの分泌量が低下したり、正常に働かなかったりすることにあります。

インスリンは膵臓のランゲルハンス島という組織から分泌される、血糖値を下げる唯一のホルモンです。健康な人は食後に血糖値が上昇すると、インスリンが分泌されます。

全身の臓器はインスリンの働きによって血糖を取り込みエネルギーに変換して、蓄えたり活用したりします。インスリンの働きによって血糖が適切に処理されて、血中の濃度が適正な状態に保たれるのです。

糖尿病を放置してしまうと様々な合併症を引き起こす危険性があります。しかし薬剤の服用や運動、食生活の改善などで多くの場合、症状を抑えることが可能です。

スポンサードリンク


糖尿病の症状

糖尿病の症状として主なものとしては以下のようなものがあります。

【倦怠感をおぼえる
血糖値が高いことで血流が悪くなり、身体に酸素や栄養素が行き渡らなくなってしまいます。そのことで身体の機能が低下し、日常的に倦怠感をおぼえることがあります。

【身体が疲れやすい】
インスリンが正常に働かないため、食事によって体内に取り込まれた糖質をエネルギーに変えることが出来ません。そのため、細胞がエネルギー不足になり疲れを感じやすくなるのです。

【無色透明の尿がでる】
糖尿病になると排尿の回数が増えます。通常、尿には黄色い色がついていますが、これはビリルビンによるものです。ビリルビンは、ヘモグロビンという血中で酸素や二酸化炭素を運ぶ物質が代謝されて出来る老廃物です。

ビリルビンは胆汁という肝臓から分泌される消化液によって肝臓に運ばれ、ウルクロムという成分に変わります。尿にはこのウルクロムが混ざっているため、黄色く見えるのです。しかし、糖尿病の影響で尿の量が増えるとウロクロムの濃度が薄くなり、尿が無力透明になるのです。

【目が充血しやすい】
糖尿病になると目が充血しやすくなってしまいます。糖尿病になり、血中の糖質過多の状態が長期間続くと、血管が疲労したり詰まったりすることがあります。目の毛細血管が詰まると、血流が止まってしまった部分に血液を送るために、新たな血管が作られることがあります。これを糖尿病網膜症といいます。

このようにして作られた血管は、とても弱く内出血を起こしやすいのです。この出血が網膜剥離を引き起こし、最終的に失明してしまうケースもありますので、目の充血は軽視できません。

これらの症状が長期間続くようであったら糖尿病を疑って医療機関を受診するようにしましょう。糖尿病の検査は「HbA1c(ヘモグロビンA1c)」や「空腹時血糖値」などといった血液検査の結果で診断されます。

糖尿病と頻尿の関係

糖尿病の症状の一つとして頻尿があります。糖尿病にかかると血液中の血糖の濃度が上昇することから、濃度を薄めるため水分を摂取するよう脳が指令を出します。

そのため、喉の渇きを感じて水分を多く摂取するようになります。これが原因となり、頻尿の症状が出ることがあるのです。また、糖尿病の治療で利尿剤を用いることがありますが、これが原因となり頻尿の症状が出るというケースもあります。

また、糖尿病によって長期間、血糖のコントロールが出来ない期間が続くと腎臓の機能が低下することがあります。

健康な状態の腎臓は、夜間は尿から水分を吸収して凝縮するため尿意をもよおさずにすむのですが、機能が低下することでこうした働きが損なわれ、夜間頻尿の症状が現れることもあります。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報