その頻尿!膀胱炎が原因かも・・・

膀胱炎は女性に多い疾患で、女性の2人に1人は一生のうちに1回はかかると言われています。膀胱炎は尿管からブドウ球菌やセラチア、大腸菌などの細菌が侵入し膀胱内で増殖した結果、粘膜が炎症を起こす病気です。

女性は男性と比較すると尿道が肛門に近い位置にあるため、細菌が侵入しやすいのです。また、女性の尿道は男性より短いことも膀胱炎にかかりやすい原因です。

他にも、長時間トイレを我慢することで膀胱内の細菌が増殖し、炎症を起こすことがあります。また、性行為によって細菌が尿道から侵入してしまうケースもあるようです。

膀胱炎の症状には様々なものがありますが主なものとして、下腹部の不快感や残尿感、頻尿などがあります。これらの症状が起こるのは、膀胱炎によって膀胱の粘膜が炎症を起こすことに起因しています。

粘膜の炎症によって、膀胱が常に刺激を受ける為、頻繁な尿意や残尿感が引き起こされるのです。

膀胱炎の患者は恥ずかしいという気持ちから、なかなか泌尿器科を受診しない傾向があるようです。その結果、他の病気を引き起こしてしまうことも少なくありません。

膀胱炎の原因は細菌であるため、抗生物質を服用することで症状は改善します。疑わしい症状が現れた際は速やかに泌尿器科を受診するほうが良いでしょう。

スポンサードリンク


急性膀胱炎の症状

急性膀胱炎の代表的な症状は頻尿です。一般的な成人は昼間のトイレの回数は5回程度とされていますが、急性膀胱炎の患者は10回以上トイレに行くこともあります。

症状がひどい場合、トイレから出たと思ったら再び尿意が起こるという具合に、日常生活や仕事などに影響を及ぼしかねない状態になるケースもあるのです。

他にも、排尿時の痛みや、残尿感などといった不快な症状を伴います。さらに症状が進むと発熱したり、下腹部痛や腰痛が起こったりすることがあります。また、急性膀胱炎になると白濁した尿が出るようになります。

これは膀胱内の細菌と戦うために血管から出てきた白血球が尿とともに排せつされるために起こる現象です。

急性膀胱炎になると排せつ時に痛みがあることから、トイレの回数を減らすために水分の摂取を控える人もいます。

しかし、膀胱内に長時間尿を溜めていると細菌が増殖するため症状の悪化に繋がることもあります。水分は多めに摂取して排尿を促す必要があります。

急性膀胱炎は再発しやすい病気です。ストレスや不規則な生活習慣がきっかけで再発することもありますので、日ごろか上手にストレス解消をして疲れなどを溜めないようにすることが大切です。

膀胱炎と腎盂炎の関係について

急性膀胱炎の代表的な症状は頻尿です。一般的な成人は昼間のトイレの回数は5回程度とされていますが、急性膀胱炎の患者は10回以上トイレに行くこともあります。

症状がひどい場合、トイレから出たと思ったら再び尿意が起こるという具合に、日常生活や仕事などに影響を及ぼしかねない状態になるケースもあるのです。

他にも、排尿時の痛みや、残尿感などといった不快な症状を伴います。さらに症状が進むと発熱したり、下腹部痛や腰痛が起こったりすることがあります。また、急性膀胱炎になると白濁した尿が出るようになります。

これは膀胱内の細菌と戦うために血管から出てきた白血球が尿とともに排せつされるために起こる現象です。

急性膀胱炎になると排せつ時に痛みがあることから、トイレの回数を減らすために水分の摂取を控える人もいます。

しかし、膀胱内に長時間尿を溜めていると細菌が増殖するため症状の悪化に繋がることもあります。水分は多めに摂取して排尿を促す必要があります。

急性膀胱炎は再発しやすい病気です。ストレスや不規則な生活習慣がきっかけで再発することもありますので、日ごろか上手にストレス解消をして疲れなどを溜めないようにすることが大切です。

スポンサードリンク


頻尿の基礎知識
頻尿の原因・症状・対処法
男性の頻尿の原因・症状・対処法
女性の頻尿の原因・症状・対処法
残尿感の原因と解消法
頻尿で受診するなら
自分でできる頻尿対策
テレビで放送された頻尿情報