頻尿の原因と対策わかりやすく解説!!

人に言えない悩み!女性に多い尿トラブル!

 

下半身が冷えたり疲れたりすると排尿の時に残尿感を感じることはありませんか?排尿時に痛みを感じる人もいるかもしれませんね。1日に何度もトイレに行くので、外出をするのが億劫になると言う人もいるでしょう。尿トラブルは恥ずかしくて人に言えないものですが、尿の悩みを抱えている女性は多くいます。同じように悩みを抱えた人も多くいるのです。

 

トイレチェック!正常な尿の色と回数は?

 

尿の色はその時々によって多少違います。尿の色は様々な病気のサインでもあるのです。正常な尿の状態を知っておけば自分の健康状態のチェックもできます。正常な色を把握していきましょう。

 

正常な尿の色は明るくて薄い黄色です。色の濃淡は水分量で決まります。濃い色であれば水分が足りないことを意味しています。逆に色が薄いと水分の取りすぎを意味しています。朝起きてすぐにトイレに行くと尿の色が濃いと感じたことはありませんか?これは睡眠中に水分が蒸発しているからです。同じように運動をした後も尿の色は濃くなりますが、汗によって水分が蒸発したからです。

 

色が濃くても黄色であれば正常な尿ですから、健康の証です。オレンジ色であったり茶色がかっている場合には脱水症状を起こしているので、水分を補給すれば尿の色は元に戻るでしょう。色々の尿が出るときには細菌が混じっている可能性が高いです。濁っている尿には膿が出ている可能性があります。膀胱炎はこの症状になります。早めに病院を受診しましょう。赤色の尿になる場合も状を示しています。病気のサインですので、早めに病院へ行きましょう。もしかすると癌の可能性もあります。

 

1回の尿の量は300〜600mlほどで、回数は1日3〜8回が正常な範囲です。回数が多いと頻尿であるといえるでしょう。水分の取り過ぎでトイレの回数が増えているのであれば水分摂取量を控えればいいのですが、何らかの膀胱トラブルの可能性がある場合もあります。

 

女性は尿漏れしやすい

 

女性は男性に比べて尿のトラブルが起きやすいのです。その理由は体の仕組みの違いにあるからです。男性は女性の5倍の長さの尿道があります。女性は尿道が短いから、細菌が入りやすいので膀胱炎になりやすい傾向にあります。

 

また、妊娠・出産を経験した人なら分かると思いますが、赤ちゃんがお腹の中で成長し子宮が大きくなってくると膀胱を支える筋肉を圧迫します。それで金区が緩んでしまい尿漏れを起こすこともあります。これは加齢の場合にも同じ症状になることがあります。いずれの場合も膀胱を支えている筋肉がゆるんでしまったために起こってしまうのです。

 

尿漏れを諦めないで!

 

女性の体は尿トラブルが起きやすい仕組みになっています。でも諦めないでください!膀胱炎や尿漏れをはじめとする尿トラブルは治す方法があるのです。泌尿器科を受診し、クス炉を処方してもらい完治を目指すこともできますし、自分でケアすることもできます。膀胱を支えている筋肉である骨盤底筋が緩んで尿漏れを起こすのですから、その筋肉を鍛えるのです。毎日トレーニングを行うことで次第に筋肉が鍛えられていくので、尿漏れしにくい体作りが出来るでしょう。トレーニングを習慣づけて尿漏れを防ぎましょう。

 

また生活習慣を見直すことも必要です。水分ばかり過剰に摂取しているとどうしても尿が近くなります。生活や食事の内容を見直して膀胱に優しい生活を心がけましょう。カフェイン類や炭酸飲料、アルコールの過剰摂取は武功に悪影響を与えてしまいます。飲み過ぎているなと感じるのであれば改善をしましょう。

 

尿トラブルがあれば日常生活にも暗い影を落とします。恥ずかしがらずに尿トラブルを改善しましょう。